【脂肪燃焼サプリのおすすめランキング】効果で選ぶサプリメント

サプリで脂肪燃焼する3つの効果

3つの効果

・肥満解消に効果あり

・正常体重を維持しやすくなる

・お腹周りの脂肪がスッキリ

人気の脂肪燃焼サプリはこちら

年齢を重ねると「脂肪を分解する力」や「燃焼する力」は衰えていきます。

30代になってから運動をしても痩せなくなってきた。
若いころと食べる量は変わっていないのに太ってしまう。

若い頃は気にならなかったお腹周りや背中の肉が、年を重ねるにつれて次第に目立つようになってくると、嫌でも気になりますよね。

年を取ってから痩せにくくなるには実は原因があります。その理由は年齢と共に褐色脂肪細胞が少なくなっていくからです。

周りの目に気を遣うようにもなるし、体重もちょっと気を抜いたら落ちなくなるから、食事に気を遣わないといけなくなるし……。
気が付いたら、体重のことばかり気にする悪循環に陥ってしまいがちです。

とはいえ、忙しい中毎日運動を続けたり、無理な食事制限をしても効果が上がらず、結果的にダイエットをあきらめてしまうこともしばしば。

結果が出なくて、何かに頼りたくなる気持ちになります。

そんな中で、自分にあった脂肪燃焼サプリに出会えたときの喜びはひとしおです。
理由をつけてダイエットから逃げなくてもよくなり、無理やりダイエットを続けるよりも、精神的に落ち着いて取り組めるようになるはずです。

人気の脂肪燃焼サプリはこちら

脂肪燃焼サプリの効果で選ぶ3つのポイント

3つのポイント

・男女兼用である

・機能性表示食品

・お得に飲み続けられる

人気の脂肪燃焼サプリはこちら

出典:厚生労働省 e-ヘルスネット
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/metabolic

厚生労働省が集計したメタボリックシンドロームのアンケートによると男女ともに9割以上の人が適切な食事や定期低な運動は大切であると考えています。

しかし、残念なことにそれを継続して半年以上実践している人は、実に半分もいないこともわかりました。その原因としては何をしたら良いのかがわからないといったものでした。

そういった中で脂肪燃焼サプリがあると理由をつけてダイエットから逃げなくてもよくなり、無理やりダイエットを続けるよりも、精神的に落ち着いて取り組めるようになるはずです。

夫婦で飲めるので愛飲しています。脂肪燃焼サプリに出会ってから気持ちが軽くなりました。
栄養機能食品のため、安心して飲んでいます。娘から「すっきりしたね」と言われて本当に嬉しかったです。

人気の脂肪燃焼サプリはこちら

脂肪燃焼サプリにおすすめの悩み成分比較表

シボヘール メタバリア スリムバーン
お腹の脂肪を減らす


葛の花抽出物

×
無し

フォルスコリン
腸内環境改善


セルロース


サラシノール
×
無し
消化吸収速度が緩やかにする
還元パラチノース

サラシノール

ブラックジンジャー
機能性表示食品(届け出番号)
B56

B218
×
公式ページ 詳細はこちら 詳細はこちら 詳細はこちら

話題の商品となっているメタバリアやスリムバーンは糖の吸収を緩やかにする成分は入っていますが、脂肪燃焼効果がある成分は入っていません。つまり脂肪燃焼に効果がある成分が入っているサプリはシボヘールのみになります。

脂肪燃焼に必要な葛の花が入っていない場合には効果がないため、最初から入っているやつを選んだ方がお得です。

脂肪燃焼のオールインワンサプリはシボヘールのみになります。

脂肪燃焼サプリの効果とおすすめランキング

ランキング1位 シボヘール

今大注目の機能性表示食品である「シボヘール」は、体重(BMI)・お腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)・ウエスト周囲系を減らす機能性がある葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)を関与成分としたダイエタリーライフサポートサプリメントです肥満気味な方、BMIが高めな方、おなかの脂肪が気になる方、ウエスト周囲系が気になる方におススメの1日4粒飲むだけの、
新習慣・機能性表示サプリメントです。

おすすめ度
ポイント おすすめポイントを書きます
効果 k 効果についてかきます。

詳細ページ公式ページ

ランキング2位 メタバリアS
ここに説明文を入力してください。ここに説明文を入力してください。
おすすめ度
ポイント ポイントについてかきます
効果 糖の吸収を抑えるサラシノール配合。たっぷり14日間トライアルが500円+税で!
累計販売個数500万個 · 天然植物由来 · 機能性表示食品 · 送料無料 · サラシア売上メーカーNo1

詳細ページ公式ページ

ランキング3位 スリムバーン
贅沢なダイエットサポート成分を高配合!ブラックジンジャーを始め新しいスリム素材4種類!ひとくちダイエットシリーズのスリムバーンが美身の秘訣!
おすすめ度
ポイント ここに説明文を入力してください。
効果 ここに説明文を入力してください。

詳細ページ公式ページ

脂肪燃焼サプリのシボヘールがランキング1位の理由

脂肪燃焼サプリのシボヘールは脂肪燃焼に特化したサプリです。

シボヘールは脂肪燃焼に必要な葛の花成分が入っているのが他のサプリとの大きな違いです。

他のサプリは脂肪燃焼にかかる成分は入っておらず、糖の吸収を抑える効果をうたっているものがほとんどです。

脂肪燃焼サプリのシボヘールは機能性表示食品です。

機能性表示食品とは「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されています。

またシボヘールには消化吸収速度が緩やかにする還元パラチノースや腸内環境改善するセルロースも含まれていますので、体脂肪が気になる家族全員で使うことができます。

人気の脂肪燃焼サプリはこちら

【脂肪燃焼サプリ】女性への効果

3つのポイント

・健康維持が気軽にできる

・便秘の解消につながる

・目を引くぽっこりお腹を改善

【脂肪燃焼サプリ】ダイエットだけでなく便秘にも効果あり

女性は人生の中で、身体が節目を迎える時期が多いのが悩みのひとつ。

身体の状態が刻々と変化する中でも、楽しくエネルギッシュに生きるには、まずは健康が大切ですよね。

ダイエットは、単に体重の増減が問題というわけではありません。
人によって目標とするモデルケースが異なるため、理想の体型に対するイメージの許容範囲は様々です。

言い換えれば、見た目がスッキリしていればそれで十分という方も少なくないのです。

それでも気になるのが「ポッコリお腹」ですよね。
明らかに目に見える部分が目立つと、どうしても注目してしまいがちです。
原因の一つに便秘がありますが、運動や食事だけではなかなか解消されにくい一面もあります。

女性はもともと赤ちゃんを守るために、お腹に脂肪が付きやすいため、どうしてもお腹に脂肪が溜まってしまうのです。

これを防ぐのにも、脂肪燃焼サプリは一役買ってくれます。

お通じがきちんとあれば、便と一緒に余分な脂肪も排出されていきます。
また、脂肪自体がきちんと身体の中で燃焼されるようになれば、次第に余分なものが身体からなくなっていきます。

脂肪燃焼サプリは、女性にありがちな問題を解消しながら、ダイエットを成功させてくれる優れものなんです。

人気の脂肪燃焼サプリはこちら

【脂肪燃焼サプリ】男性への効果

3つのポイント

・忙しい合間をぬってダイエットできる

・効率的にダイエットが可能

・外食が多い場合でも安心

【脂肪燃焼サプリ】外食が多い男性にも効果的なダイエット

働き盛りの30代になってから、初めてダイエットを試みる男性も少なくありません。
これは、男性の身体的な成長は32歳で一段落を迎え、その後は次第に老化していく傾向があることが理由の一つです。

仕事では忙しく働いており、食事も普段とあまり変わらないのに、気が付けばお腹が目立つようになってきた方も多いのではないでしょうか。
運動に時間をかけたいけど、なかなか時間が取れないという悩みを持つ方も少なくありません。

そこで重要になってくるのが、いかに効率良くダイエットを継続できるかです。
脂肪燃焼サプリは、一日の摂取量がきちんと決まっていますから、簡単に無理なく習慣化できます。

また、効能についてしっかり説明されている脂肪燃焼サプリであれば、プライベートで結果を求められる場合にも説得力を持ちます。
実際に書かれた効果に見合った結果が出なければ、早い段階で別のアプリを利用しようと考える判断基準にもなります。

独身男性の場合、限られた時間の中で自炊をする習慣が無ければ、どうしても外食に偏ってしまう傾向がありますよね。
しかし、脂肪燃焼サプリを飲用していれば、最低限カロリーセーブに気を配るだけで、ある程度メニューに自由がきくようになります。

お付き合いの会食などが頻繁にある場合に備える意味でも、脂肪燃焼サプリはお守り代わりに役立ってくれます。

人気の脂肪燃焼サプリはこちら

おすすめの脂肪燃焼サプリの安全

安全の3つのポイント

・自然界に由来する成分を使用している

・機能性表示食品である

・日本国内で生産されている

脂肪燃焼サプリを選ぶ際に気になるのかと言えば、やっぱり「どんな成分が含まれているのか」。
聞いたことのない化学物質ばかりだと、何となく飲むのが不安になりますよね。

その点、自然界に存在している植物などに由来する成分であれば、身体に負担がかからないイメージがあります。
特に、漢方の原材料になったり、民間療法で用いられていた成分であれば、なおさら説得力が増します。

古くからの歴史を持つ分、多くの機関に研究され、論文によって科学的根拠が証明されているものも多いのが特徴です。
なおかつ、その機能性や安全性が消費者庁に届出されている食品は、機能性表示食品と呼ばれています。

数多くの商品の中から信頼できる商品を選ぶには、一つの目安となりますから、脂肪燃焼サプリを選ぶ際はこの点にも注意を払っておいて損はありません。

また、どうせ身体に良いものを摂取するなら、産地にもこだわりたいですよね。
日本国内で安全性が認められた原料を、日本国内の工場で製造していれば、より安心して飲用できます。

毎日飲むものだからこそ、できる限り良いものを取り入れたいですね。

脂肪燃焼サプリの摂取量の注意点

脂肪燃焼サプリを摂取する際に気を付けたいのは、その摂取量です。
多くの脂肪燃焼サプリでは、一日あたりの用法・用量がきちんと定められていますが、結果を焦るあまり飲む量を増やしてしまうケースもあります。

しかし、これは必ずしも効果が期待できるとは限りません。

サプリメントである以上、あくまでも食事の一種として取り入れることは可能ですが、どのような食品でも食べ過ぎは身体に害になります。

ダイエット食品として効果が高いとされているものの一つに、お酢があります。
お酢に含まれる酢酸には、脂肪の分解・燃焼を助ける効果が期待でき、お酢の種類によっては新陳代謝を高めるアミノ酸が豊富に含まれているものもあります。

しかし、一日の適量は15~30mlとされており、それ以上飲用することでかえって胃腸に負担をかけてしまうのです。
これは、料理に使用する場合も同様です。

なぜでしょうか?
その答えは、まさにお酢が持つ成分に原因があります。

お酢は強い酸性を示す調味料のため、口の中・食道・胃の粘膜などにダメージを与えるリスクも持ち合わせています。
身体を冷やす効果もあるため、飲み過ぎることでかえって冷え性を誘発してしまい、新陳代謝を悪化させる可能性もあります。

お酢自体はダイエット効果があるにもかかわらず、摂取量を誤ることで、かえってダイエット効果を遠ざけてしまうのです。

いくら成分が厳選されていると言っても、脂肪燃焼サプリにおいても同様のリスクを抱えることは避けられません。

また、製造者側としても、効果を発揮するのに最適な量を算出したうえでサプリメントの開発に臨んでいるため、まずは適量を守ることが大切です。

脂肪燃焼サプリは無添加が安心

脂肪燃焼サプリの中には、肝臓への健康被害がネットで公表された成分を含んでいるものもあります。

理論上は、脂肪燃焼サプリのみならず、医師から処方されるお薬についても同じことが言えるのですが、医学的根拠に基づく処方がなされている医薬品とは異なり、サプリを選ぶ際には自らの目を鍛えなければ気付きません。

明らかに目にする機会が少ない化学物質の名称であれば、注意することも可能ですが、一見安全に思える「ビタミン」が、副作用を引き起こす可能性もあるのです。

一例として、脂溶性ビタミンについてご紹介します。

栄養素としておなじみのビタミンですが、大別すると「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」に分かれます。

水溶性ビタミンというのは水に溶けるビタミンを言い、過剰に摂取した分は尿などによって体外に排出されていきます。

これに対して脂溶性ビタミンは脂に溶けるビタミンのことを指し、肝臓に溜まる性質があります。
適量であればきちんと体内で代謝されるのですが、肝臓に一定量以上溜まることで、副作用が発生すると考えられています。

具体的には、吐き気・頭痛・骨障害などの副作用が現れるリスクがあります。
また、妊娠初期に過剰摂取してしまった場合、胎児が奇形・先天異常を持って生まれてくる可能性も指摘されています。

脂溶性ビタミンの代表例は、ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンKの4種類になります。
いずれも人体の健康には欠かせないですが、サプリメントはその配合が自然界の食材に比べて不自然な配合となっていることが多いため、摂取には気を付けたいところです。

人気の脂肪燃焼サプリはこちら

おすすめの脂肪燃焼サプリの飲み方

飲み方の3つのポイント

・まずは毎日続けて飲む

・結果を焦らず、一定の期間飲み続ける

・用法・用量をきちんと守る

脂肪燃焼サプリを飲む場合は、必ず毎日続けて飲むことを想定しておきましょう。
医師から処方された薬についても同じことが言えますが、継続して飲み続けることを想定して、薬は処方されています。

脂肪燃焼サプリも同様で、臨床実験などでも8週間・12週間といったスパンで効果が確認されていることから、まずは毎日飲むことを目標にしましょう。

そのためには、一日のどの時間帯であれば、自分が忘れずに、かつ抵抗無く飲めるのかを知っておく必要があります。

生活リズムは個々人の環境によって異なるため、昼型であっても夜型であっても、リズムを刻みやすい時間帯に摂取するのが比較的抵抗が少ないでしょう。

もし、一定期間飲み続けても効果が現れなかったからといって、あきらめてはいけません。
効果には個人差がありますから、ある日気が付いたらお腹が引っ込んでいるというケースも少なくありません。

ダイエット中は難しいかもしれませんが、あえて体重やBMI、ボディラインから意識を外すことによって、結果的に長続きさせる一助となります。

最後に、用法・用量を守ることは、ダイエットのみならず自身の健康を守るためにも必ず守りましょう。

脂肪燃焼サプリを飲むタイミングは?

脂肪燃焼サプリは、いつ飲むのかによって効果が大きく変わるのでしょうか。
結論から言えば、食事のタイミングで飲むのを基本として構えておくと安心です。

人間が身体に脂肪を溜め込むのは、言うまでもなく食事が原因です。
身体を動かすのに必要なエネルギーだけを摂取しているのであれば問題ありませんが、往々にして現代人は余分に栄養を摂ってしまいます。

また、食事を摂る時間が不規則になるなどして太り癖が身体に付いている場合、少量の食事を摂るだけでも余分に身体が栄養を吸収しようとします。

そのため、食事により栄養を吸収しようとするタイミングに合わせ、サプリを摂取することで、脂肪の吸収を抑制しつつ、分解や消費促進効果が期待できるのです。

とはいえ、まずは毎日飲み続ける習慣を付けることが大前提ですから、どうしても忘れやすい方は、一日の始まりである朝に飲むのも、良いタイミングと言えます。

ベッドの側にサプリメントとコップをあらかじめ置いて就寝すれば、次の日の朝に忘れるリスクが少なくなりますよ。

脂肪燃焼サプリの飲み合わせ

脂肪燃焼サプリは医薬品では無いため、理論上は他のサプリとの併用が可能です。
とはいえ、健康面ではそのような飲み方は安全なのでしょうか。

まず、大前提としては、複数のダイエットサプリをまとめて服用すること自体は問題ありません。

しかし、複数の「脂肪燃焼サプリ」を飲用するのはオススメできません。

これは、脂肪燃焼という共通の効果を狙う以上、類似した成分を摂取する可能性は否定できないからです。
重複することで、先に挙げた脂溶性ビタミンのように、肝臓に蓄積されて副作用を引き起こす成分もあります。

もし、複数のサプリを併用する場合は、脂肪燃焼アプリを複数飲用するのではなく、補完的に効果をサポートしてくれる成分のものを選びましょう。

一例としては、酵素を取り入れるサプリメントなどがオススメです。
酵素は自らの身体でも作られますが、年齢とともに作られる量は減少していくため、食事からも取り入れる必要があります。

酵素の働きと聞くと、食べ物を消化するのに利用されるイメージがありますが、栄養素をエネルギーに変える代謝効果を高める働きもあるのです。

摂取した食べ物が、きちんとエネルギーになるのを助けるとともに、体内の脂肪も一緒にエネルギー化してくれますから、用量さえ守れば相乗効果が期待できます。

腸内環境を改善する点では、乳酸菌アプリを一緒に摂取して整腸作用を取り入れることで、脂肪の吸着を抑える効果が期待できます。

ただし、医薬品との併用は避けましょう。
医薬品は、それ単体で効果を発揮するように作られているため、サプリによっては過剰摂取の危険性がある成分も含まれている可能性があります。

人気の脂肪燃焼サプリはこちら

おすすめの安い脂肪燃焼サプリについて

コスパで選ぶ3つのポイント

・性別を問わず使用できる

・脂肪燃焼に特化した成分

・公式サイトの継続割引利用

体重が増加する原因は一概に言えませんが、脂肪は多くの場合に少なからず関係しているのは事実です。
むくみなどによる「水太り」も、その状態が続くと本来排出されるべき老廃物と脂肪が結びつき、セルライトになってしまい、代謝が難しくなってしまうのです。

そのため、男女問わず脂肪はダイエットの大敵と言えます。

この「脂肪」を燃焼させることに特化したサプリは、言い換えれば性別に関係なく飲用でき、減量効果が期待できるサプリメントと言えます。

夫婦・家族単位でダイエットを考えている場合でも、気軽に取り入れられます。

また、脂肪燃焼サプリはその構造上、一定期間継続して飲用する必要があります。
できる限り痩せたいとはいえ、購入が経済的に負担となって痩せてしまったなんて、笑えない冗談ですよね。

多くの脂肪燃焼サプリは、公式サイトで購入することで、出費を大幅に抑えることができます。
特に初回の購入額は非常に安く抑えられている例が多く、もし身体に合わなければすぐに継続購入を止めることが可能です。

お値段の面でも気軽に購入できた方が、ダイエットも続くというものです。
中には一日あたりの量で100円を切るものもありますから、費用対効果を考えて、脂肪燃焼サプリの継続購入を考えましょう。

市販の脂肪燃焼サプリが手ごろな値段の理由

市販されている多くの脂肪燃焼サプリは、かなり手ごろな値段で手に入ります。

それはなぜなのでしょうか?
例えとして分かりやすいのが「ジェネリック医薬品」の仕組みです。

ジェネリック医薬品というのは、先に世に出たお薬(新薬)と同じ有効成分を備えており、かつ品質・効き目・安全性が同等なお薬のことを指します。

厳しい試験を受け、厚生労働大臣の承認を受けたのち、国の基準・法律に基づいて製造・販売されます。

もともと目的とするところが同じで、新薬に比べて開発費用が少なく、低価格で提供が可能です。
そのため、多くの人が安価に薬を手に入れられるようになりました。

薬品の場合は、このような審査を経て市場に出回るようになるわけですが、脂肪燃焼サプリはあくまでも「食品」の位置づけです。
製法さえ確立されていれば、誰でも生産が可能になります。

そのため、OEMに代表されるような、相手会社の発注品の相手先ブランドの形をとった生産形態をとっている会社も少なくありません。
結果、値段としては安く提供できるようになりますが、必ずしもその質はモデルとなったサプリに値するものとは言えません。

勘違いしないようにしたいのは、OEM=粗悪品という方程式が、単純に成立するわけではないということです。
良質の製品は確かに存在し、結果を出しているものも多いのですが、一部粗悪品がニュースになるがゆえに、サプリのイメージを悪くしているのです。

良いものを世間に発表しようと、企業努力を重ねている会社がほとんどだということは覚えておきましょう。

安い海外の脂肪燃焼サプリをオークションで買う際の注意

安全にダイエットを成功させるためには、選ぼうとしている脂肪燃焼サプリが安全なものかどうか、しっかり選ぶ必要があります。

特に、安い海外の脂肪燃焼サプリをオークションで購入する際は、その薬を飲むことで過去にどのような副作用を引き起こした例があるのか、しっかり確認することが大切です。

悪い評価が見られなかったからといって、油断は禁物です。
世に出て間もない製品であれば、当然評価が公表されるのにもタイムラグがあります。

予算の都合や短期決戦を考えている場合などに、どうしても海外の商品を試してみたい場合は、極力深刻な健康被害が見受けられないものを選びましょう。
万一、心身に何らかの不調を認めた場合は、速やかに利用を控える勇気も必要です。